□■ top > SFC DATA > □■

ウルトラマン

アクション   1991年4月6日発売   バンダイ

・等身大のウルトラマンが怪獣たちと1対1で戦うアクションゲーム。オープニングタイトルや、3分間しか戦うことができないシステムなど、TVで見て育った世代やマニアにはたまらない内容になっている。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報
レビュー
ウィンさんのレビュー 投稿ありがとうございます

君は、ウルトラマンとなり、幾多の怪獣を倒し、地球を救えるか!
スーファミの発売してからすぐのリリース作品、ゲームセンターにもあった様な・・
プレイヤーはウルトラマンを操り、バルタン星人やゴモラ、レッドキング、ゼットン他を倒していくゲーム、出てくる怪獣は10体
怪獣の体力がゼロになっても、気を抜いてはいけない、なぜなら、フィニシュという文字が出ている間に、スペシューム光線を怪獣に浴びせないとクリアーできないのである。これが、他の格闘ゲームと違う所。
後半に行くとこのルールに苦しめられます。
キャラクターゲームでもこれは、結構面白いです。
ウルトラマンファンでない人も、一度、プレイしてみては・・・


LEONさんのレビュー 投稿ありがとうございます

小さい頃に一番やったゲームなので非常に強い思い入れがあります。
それはさておき。
ウルトラマンという作品をそのまま落とし込んだかのようなクオリティの高さは、ファン必見とも言えます。
特に、ウルトラマンに変身する際の拳を振り上げた映像もしっかり再現されており、怪獣と戦うぞ!という気分にさせてくれます。
ゲージは使いますがウルトラマンの各種必殺技が使える上、バク転による回避、ハイジャンプ等もあり、アクションとしても楽しめる内容となっています。
ただ、やはり「HPを0ドットまで削ってから(さらに最大までゲージを貯めて)スペシウム光線で止めを刺す」というのが難易度が高い。
慣れてくればそれが爽快感にもなるのですが…。
私個人の感想を言わせてもらうなら、ジャミラを倒した時の勝利画面とBGMが、原作の雰囲気というかジャミラのエピソードの悲しさを感じさせてグッときました。
SFCというハード、そしてSFC発売初期という点を加味しても中々の名作と言えるでしょう。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■