□■ top > SFC DATA > □■

ウルティマY

RPG   1992年4月3日発売   ポニーキャニオン
・RPGの元祖と呼ばれるアメリカ製のゲーム。フィールドも町もダンジョンも、すべて同じスケールで表現されている。会話シーンは特定のキーワードを選択していくシステムになっている。非常に自由度が高い内容。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報
レビュー
Geckoさんのレビュー 投稿ありがとうございます

淡々と進むシナリオに加えて、個性に溢れ実際に存在を感じさせられるNPCに徳システム。
何か得体の知れない存在を考えさせられるゲームです。

大抵の町にはゲーム開始時点で行けるようになっていますし、ゲームシステムは見下ろし型のターン制ですが、ストイックなものではなく最大LVは8で初期LVは3と戦闘は特に重視されていません。
シナリオと世界観を楽しむゲームと言っていいかもしれません。

ちなみにPCからの移植ですが出来が素晴らしい。
SFCに移植された他のウルティマ作品はどうしようもない出来ですが、こちらはBGM、訳、グラフィック、インターフェース共にPC版以上の出来です。
移植した会社と担当の方には敬意を払わずにはいられません。


寄り道さんのレビュー 投稿ありがとうございます

パソコンからの移植のこのゲームのパソコン版との違いはネズミが仲間ではなく道具扱い、人と話したときに顔グラが表示されない、オープニングが簡素化、SFCオリジナルでフィールドに鳥(公式ではとり)がいることくらいでしょう。よって移植度はすこぶる高いです。
このゲームはシナリオのモチーフはベトナム戦争だそうです。
確かにガーゴイルと人間の関係はそんな感じです。
ゲームなのになかなか哲学ぽくっていい感じです。音楽はめちゃくちゃわびしい感じです。人々も皆かなり作りこまれた印象があります。
あと、このゲームは非常にクリアしにくいので攻略法を見ないとクリアは無理でしょう。なお、終盤でガーゴイルのナクサティラーより先にレンズ職人のガーゴイルのロアウイスレムに話しかけてしまうと「師の許しがなければ・・・」といわれてバグが発生し、バグをプレイヤーも使用しないとクリアできなくなります。どんなバグかはANOTHERーGAMEというサイトを見てください。
また、最強の味方を序盤でパーティに入れることも出来ますがゲームバランスが壊れるうえにシナリオも矛盾するのでやめたほうがいいと思います。
時間のある人には自信を持っておすすめできるゲームです。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■