□■ top > SFC DATA > □■

アウター・ワールド

アクション   1992年11月27日発売   ビクターエンタテインメント
・ポリゴンを使った画面処理が、一風変わった雰囲気をかもしだしているゲーム。アクションというよりはクリアするための手段を探すアドベンチャー的な要素が強い。1つのミスが死につながるという緊張感がたまらない。

投稿お待ちしております。


動画

攻略情報
レビュー
まぽさんのレビュー 投稿ありがとうございます

独特な世界観が冴えるアクションアドベンチャー作品
ある日突然、別の世界に来てしまった。見知らぬ住人、見たこともない野獣、それらに追いかけられながらも、出会うたった一人の味方と共に生き残るため、あらゆる謎を解いてゆく。
難しいけど一人で全ての謎を解いたときの感動は今でも忘れられません。
演出面と音楽が最高の出来!かなり作りこまれた名作です。


ゲーム大好きさんのレビュー 投稿ありがとうございます

SFCマシンでよくやりましたって言う位のグラフィック、キャラの動き、そこは結構評価できますねぇ〜。グラフィックはフルポリゴンでキャラの動きは繊細で細かいです。
ジャンルはアクションアドベンチャーどんな感じかというと、未知の世界に飛ばされた主人公が、その世界から脱出しようとする内容です。ゲーム性としてはこれまた難易度がSクラス!(難しい)探索中色々なトラップがあるのですが、そのトラップがかなり考えさせられるものばかりで、ヒントと言うヒントがほとんどない!(全くと言っていいほど)
アクションもこれまたかなり癖があって、やり始めはかなり苦労させられます。でもそれらが出来るようになったり、わかったときは嬉しくなって、この先はどんなのがあるのだろう?と探究心をくすぐらせると言う一面を見せてくれます。(僕だけかも・・・)
難しいのでクリアするにはかなりの根気が必要とされますが、やってみる価値はあると思います。因みに僕はクリアしました自力で!かなり前の話ですけどね^^
この手のゲームでは稀にみる名作だと僕は思います。


ルート16さんのレビュー 投稿ありがとうございます

独特の雰囲気があるゲーム。
難易度は激ムズで、ヒントはほぼないです。
発売当時、4〜5人でやって、解法を見つけてクリアするのに3ヶ月くらいかかりました。
すぐ死んじゃうので、死んだ時の効果音がいまだにつぶさに思い出せます。
これでもかと言わんばかりのトラップの数々、対処法もワンパターンではなく、激ムズなだけに解いたときの感動が大きいです。
最初クソゲーと思いましたが、操作性は良いので腕を磨いてクリアしてみると名作と感じると思います。

SFC一覧へ

TOPにもどる

■ こんなページも読まれています ■